【デュエルリンクス】第22弾メインボックス『ヴァルハラ・コーリング』注目カード

【デュエルリンクス】第22弾メインボックス『ヴァルハラ・コーリング』注目カード

9月1日にリリースされる、
第22弾メインボックス『ヴァルハラ・コーリング』の注目カードをまとめました。

ボックス特徴

ヴァルハラ・コーリングは天使族を主体としたパックで、
シンクロモンスターが多く収録されています。
またリクルーターなど場持ちさせるカードが多いので、
今まで以上にシンクロ召喚やアドバンス召喚が狙いやすくなっていると思います。

新カテゴリは「三極神」シリーズ、「花札衛」。

ヴァルハラ・コーリング収録カード

注目カード

UR

スクラップ・ドラゴン

自分と相手フィールドのカード1枚ずつ破壊する効果と、
自身が破壊されたとき墓地のSモンスター以外の「スクラップ」を特殊召喚する効果を持つ。
打点が高くS素材の制限が緩いのでスクラップデッキ以外でも強力。

マスター・ヒュペリオン

自分の手札・フィールド・墓地の「代行者」を除外することで手札から特殊召喚できる効果と、
墓地の天使族・光属性モンスターを除外してフィールドのカード1枚を破壊できる効果を持つ。
破壊効果は「天空の聖域」があれば二回使用可能。
召喚制限は特にないので普通にヴァルハラからでも特殊召喚可能。

神の居城―ヴァルハラ

自分フィールドにモンスターがいないとき天使族を特殊召喚できる効果を持つ。
類似効果の「コート・オブ・ジャスティス」よりも簡単に上級天使族を呼び出すことができる。
同パック産の「ヘカテリス」でサーチも可能。

SR

フォーチュンレディ・エヴァリー

レベル×400攻守上昇効果、
スタンバイフェイズに自身のレベル上げ+相手表側モンスター除外効果、
墓地の魔法使い族を除外しての自身蘇生効果を持つ。
場持ちが良い上に順当にいけば除外効果を一回使った時点で攻守が3000を超える。

星態龍

何が何でも召喚着地する効果と、
攻撃をするとき他のカードを受けない効果も持つ。
高いステータスと耐性が優秀で現在唯一のシンクロレベル11枠。
戦闘時の耐性効果はこのカードが攻撃を仕掛けるときのみなので過信は禁物。

超念導体ビヒーマス

戦闘したモンスターを道連れ除外する効果を持つ。
除外効果は発動しないことも可能で、
そこそこの打点と素材の緩さで扱いやすい。

U.A.パーフェクトエース

他「U.A.」モンスターとの入れ替え召喚効果と、
相手ターンに手札を1枚捨てることでモンスター・魔法・罠を無効にする効果を持つ。
高い守備力と無効効果により抜群の制圧力を誇る上に、
入れ替え召喚、同パック産の「荒野の女戦士」のリクルートで出しやすくもある。

レプティレス・ヒュドラ

相手のモンスターの攻撃力を0にして自身を特殊召喚する効果と、
S召喚に使われたときフィールドのモンスターの攻撃力を2体まで0にする効果を持つ。
デメリットはあるものの自身を特殊召喚できるのでS召喚まで持っていきやすい。
さらに攻守0モンスターなので悪夢再びなどサポートを受けやすいのも魅力。

金華猫

墓地のレベル1モンスターを特殊召喚する効果を持つ。
レベル1なら何でもよくさらに効果も使えるので汎用性が高い。
「伝説の黒石」を蘇生→レッドアイズを召喚したり、
「ものマネ幻想師」を蘇生してビートダウンしたり、
「儀式の供物」を蘇生して儀式のコストにしたり……

R

極星獣タングリスニ

戦闘で破壊されるとレベル3のトークンを二体特殊召喚する効果を持つ。
場持ちがよく、トークンのレベルが高いためS召喚を狙いにいきやすい。

花札衛―松―

召喚時、ドローして墓地肥やしor花札衛を手札に加える効果と、
破壊されたときに1ドローする効果を持つ。
変わり種として「死のマジック・ボックス」で相手に送って戦闘破壊すれば1ドローできて面白いかも。

N

極星宝レーヴァテイン

戦闘によってモンスターを破壊したモンスターを破壊する効果を持つ。
シエンなどにチェーンされずに問答無用で破壊を行使できるのが魅力。

           

ゲーム系の話カテゴリの最新記事