【デュエルリンクス】デスペラードサイバーダークデッキ【無課金構築】

【デュエルリンクス】デスペラードサイバーダークデッキ【無課金構築】

最新EXストラクチャーデッキ、
「ガンズ・オブ・デスペラード」収録の新カードを使ってデッキを組んでみました。

デッキレシピ

デッキ(20+1枚)黄色=ストラク同梱カード

モンスター(14枚)

  • UR デスペラード・リボルバー・ドラゴン ×1
  • SR アルカナフォースXIV―TEMPERANCE ×1
  • SR BM-4ボムスパイダー ×1
  • SR サイバー・ダーク・エッジ ×3
  • SR サイバー・ダーク・カノン ×3
  • SR 比翼レンリン ×2
  • R A・ジェネクス・クラッシャー ×1
  • R タスケルトン ×1
  • UR E・HEROネオス ×1

魔法(5枚)

  • UR ギャラクシー・サイクロン ×1
  • UR コズミック・サイクロン ×1
  • SR ネオス・フュージョン ×1
  • SR 死者転生 ×1
  • R 星遺物を巡る戦い ×1

罠(1枚)

  • SR 狡猾な落とし穴 ×1

エクストラ(1枚)

  • UR E・HEROブレイヴ・ネオス ×1

 

ほぼほぼサイバーダークデッキ。
しかし破壊手段に幅が利くようになってより使いやすくなったと思う。

プレイング

セオリー

エッジにドラゴン族を装備して戦うのが基本となります。

そのためにはドラゴン族を墓地に落とす必要があるので、
カノン、フュージョン、死者転生などでドラゴンを落としていきます。
(タスケルトンも!)

ストラクカードの立ち回り

ボムスパイダー&クラッシャーは壁要員。
この二枚は場持ちさせたいカードでもあるので星遺物などで優先的に守りたいところ。

デスペラードは自身の効果で特殊召喚を狙っていく。
手札に握っていると安心感が凄いので死者転生で拾ってくるカード筆頭。

新カード考察

最後に今回使用した新カードの使い方について考察をしてみようと思います。

デスペラード・リボルバー・ドラゴン

高ステータス、強力な効果なので可能な限り投入したい一枚。

今回はサイバーダークと絡めて使用したが、
リンクス環境では人造人間と併せても強いかもしれない。
(リターナーの効果で自壊するショッカーで誘発して出す感じ)

なおスキル『LP増強α』を使えば「魂のカード」でサーチしやすい。

BM-4ボムスパイダー

①の効果はこのカード自身を対象にできるので強力なカードと1:1交換しやすい。
しかし破壊耐性持ちのモンスターは結構いるので、
ラヴァゴーレムなどでサポートしてあげると使いやすいかも。
今回は採用しなかった新カード「機甲部隊の最前線」とも相性が良さそう。

トリッキーなところで属性種族を選べる罠モンスターと併せたら面白いかなとか考えたり。

A・ジェネクス・クラッシャー

併せ前提のカードなので微妙に扱いが難しいかもしれないが、
何でもカード破壊効果なので上手く生存させ続けられたら強そう。

守備力が高いので壁としてだったり、
今回採用している「星遺物を巡る戦い」や前述の「機甲部隊の最前線」、
「リミット・リバース」、「強化蘇生」などを使えば場持ちはそこまで難しくないはず。

毎ターン召喚するモンスターに困る場合はスピリットモンスターと併せてみるのも面白いかも。

           

ゲーム系の話カテゴリの最新記事