【アンライト:スキゾクロニクル】サービス終了を受けて雑記

【アンライト:スキゾクロニクル】サービス終了を受けて雑記

8月24日をもって、

『Unlight:SchizoChronicle』のサービスが終了しました。

そしてUnlightシリーズ全てのサービスも終えました。

 

本当に終わったのかとゲームにログインしようとすると、

「Network Error」と表示されるのみで、

ああ本当に終わったんだなと徐々に実感しています。

 

 

私がUnlightシリーズに始めて触れたのは、

Yahooゲームで並んでいたブラウザ版『Unlight』でした。

 

ゲーム一覧にて、他のゲームとは少し毛色が違うなと興味を持って始めました。

綺麗なイラストと一風変わった操作性に惹かれて、

少しずつクエストを進めていったことを覚えています。

 

でも一回プレイした後のインターバルが長くて、

マルグリッドが登場した辺りから段々プレイ時間が短くなっていき、

やがて放置するようになっていきました。

 

それでもちょくちょくログインしていて、

どんどん増えるキャラクターやレアカードを楽しんでいましたが、

数年経って久々にログインしようとしたある日、ブラウザ版はサービスが終了していました。

 

 

もう終わったのかと思うと無性にやりたくなってしまうもので、

私は何とか遊ぶことは出来ないのか、再開の目途は無いのかと色々調べましたが、

結局ブラウザ版を遊ぶ手立てはありませんでした。

ですが代わりに『Unlight:SchizoChronicle』を見つけました。

 

 

『Unlight:SchizoChronicle』はブラウザ版と操作性こそ変わってしまったものの、

世界観には変わりなく、ブラウザ版とは別に楽しむことの出来るゲームでした。

PvPのみという点とトリッキーな対戦ルールもに若干戸惑いましたが、

やればやるほどハマっていき、気づけば毎日やってたと思います。

 

しかしこのゲームは長く続かないかもしれないという不安がありました。

 

それは対戦ゲームなのにも関わらず、情報を手に入れる手段が少ないからです。

対戦ゲームでは細かなルール把握をしたり、流行を知って対処することが重要なのですが、

『Unlight:SchizoChronicle』では調べてもあまり攻略文献が見つかりませんでした。

 

このままでは初心者と経験者の間で情報格差が起きやすく、

結果初心者が離れていってプレイ人口が増えないのではと思いました。

 

けれど私には、

今度こそ終わらないようにしたい、あわよくばブラウザ版も復活してほしいという思いがありました。

そこで私はブログに攻略情報を載せ始めたのです。

 

 

 

結果としてはサービス終了してしまいましたが、

長い間、色んな気持ちをくれた良いゲームでした。

 

運営の方々、今まで楽しいゲームをありがとうございました。

出来ることならまた遊びたいです。

 

PS:最後に公式のランキングに載ることが出来て嬉しかったです。

 

 

           

ゲームカテゴリの最新記事