【WordPress】プラグインとは【ざっくり解説】

【WordPress】プラグインとは【ざっくり解説】

こんにちは、youhaです。
今回はWordPressの便利な機能「プラグイン」について説明します。

といっても使えるようになればと大丈夫だと思うので、
あまり掘り下げをしないで使い方などをざっくり解説していきます。

プラグインとは

プラグインとはWordPressサイトに追加機能を与えるものです。
ちょっと難しい言い方で拡張機能とも呼んだりします。
スマホを持っている人はアプリのように思ってもらえると馴染みやすいかもしれません。

絶対サイトに必要ってわけではありませんが、
使うとよりサイトが豊かになっていきます。

 

ところでどんな機能があるかですが、
たとえばアクセス解析できるようにしたり、
よく使うタグ属性を記憶して記事を書きやすくしたり、

 

name
こんな感じの文を書いたり

 

色んな角度からサイト運営を助ける機能があります。

 

使い方

プラグインの使い方について説明します。
利用の流れは主に以下の3工程です。

  1. プラグインを検索する
  2. 追加したいプラグインを見つけたら「今すぐインストール」を押下
  3. インストールが完了すると出てくる「有効化」を押下

※プラグインによっては有効化後、設定が必要なものもあります

それでは例として、
よくインストールされているプラグイン「Jetpack」をインストールする流れを見ていきましょう。

Jetpackを追加する

管理画面左から「プラグイン」→「新規追加」をクリック。

「プラグインを追加」のページになったら検索ボックスに「キーワード」で”Jetpack”と入力して検索。
(Jetpackの場合は検索しなくても出ているかもしれませんが例なので検索)

Jetpackが出てきたら右上の「今すぐインストール」を押下。
インストールが終わったら続いて「有効化」を押下。
結果、下の画像のように「有効」となっていたら成功です。

 

 

終わりに

今回はプラグインについてざっくりと説明していきました。
なんとなくイメージが掴めたでしょうか。

 

ちなみに例に出したJetpack、
アクセス解析やSNSへの自動共有など、機能が盛り沢山で便利なプラグインなんですが、
その分サイトへの負担も多くかかってしまうというデメリットもあります。

これはJetpackに限らず、
プラグインは機能が充実しているほど、
またプラグインの数を増やせば増やすほどサイトへの負担は大きくなっていきます。

ですがプラグインが便利な機能というのは変わりないので、
自分に合うプラグインを選んで使用してもらえればなと思います。
(今後このサイトでいくつか紹介するつもりなのでそれも参考にしていただけたら嬉しいです)

 

 

           

サイト運営系の話カテゴリの最新記事